読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっち充のススメ

なんだかんだとみんなぼっち^^毎日のささやかなことに楽しみを見つけて、いかに内面を充実させるかが日々楽しく生きるポイントになるのでは?

現役小学校教師に聞いた『一番効果的だと実感した男の子の扱い方』

f:id:tamako-makomako:20141003113614j:plain

高校時代の友人が、社会人になってから、一念発起して小学校の先生になりました。そのころ私は、出産&育児に追われていたわけですが、その子から聞いた話は、とても参考になりました。

 

男の子と女の子は違う?!

やはり男女の違いはあるそうです。もちろん個人差はありますし、一概に決め付けられるものではありません。

 

しかし、小学校の先生である友人によると、女の子は従順な場合が多いそうです。先生のしてほしいことをすぐに読み取って行動してくれます。

 

一方で男の子は、活発で好奇心旺盛、落ち着きなくきょろきょろしています。周りの人のことは、気にも留めていません。

 

男の子は、興味を持ったことには、時や場所を選ばずとことん集中して取り組みます。当然先生の指示に、すぐ従うということがすぐにはできない傾向があります。

 

だからたとえば、背の順で整列させた場合、

先生の意図を汲んですぐにピシッと並ぶのは女子

前の男の子といたずらを始めなかなか並べないのは男子

 

男女ともに子どもがいるママさんは、すでに理解していることかもしれませんね。小学校低学年(もしかしてその後も)においても、やはり性差はあるようです。

 

一番効果的だと実感した男の子の扱い方

f:id:tamako-makomako:20141003113542j:plain

そんな先生が、男の子に取った作戦は、

《褒め褒め作戦》

だったそうです。彼女いわく、褒めて対応するのが、一番エネルギーを使わず効果的に行動させることができるとのこと。

できたら褒める→うれしくなる→もっとできるようになる

という構図が、より効果的にできるのが男の子だそうです。もちろん、何でもかんでも褒めるというわけにはいかないでしょうが、怒るよりもはるかに効果を発揮するそうです。

 

また一人の子どもを褒めることで、男の子の競争心をうまく、くすぐるという効果もあるかもしれません。「よし、次はオイラが褒められるゾ!」なんて気持ちに、すぐになってくれそうですよね。

 

もちろん、女の子を放っておくというわけではありません。女の子だって褒められたいですよね。彼女いわく、女の子は目で褒めるそうです。できたら目を合わせて微笑む、それで、信頼関係が築けられるのです。

 

 まとめ

f:id:tamako-makomako:20141003121900j:plain

現役小学校教師に聞いた、一番効果的でエネルギーを使わなくてすむと実感した男の子の扱い方は、『褒めること』です。もちろん個性もありますし、絶対うまくいくというわけではないと思いますが、とても参考になりました。

 

実際の我が家にも二人の息子がいますが、気づいたときには褒めるようにしたいものです(怒ることも大いにある汗)。褒め褒め作戦・・もしかして男の子だけではなく、大人の男性にも通じるのかもしれませんね^^

>>子どもが言うことを聞かない!っていうとき『指示の積み重ね』がよいこともある?!

>>心身ともに健康になるだろうな~と思ってもなかなかできない7つの習慣 -