読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっち充のススメ

なんだかんだとみんなぼっち^^毎日のささやかなことに楽しみを見つけて、いかに内面を充実させるかが日々楽しく生きるポイントになるのでは?

絵本「はじめてのおつかい」 35年ぶりに見たらいろいろ発見があった♪

本・絵本 子供

f:id:tamako-makomako:20141008164010j:plain

こんにちは♪三歳の末の子供が絵本に目覚めて、あわてていろいろ絵本を買いました。上の子のときは読んでいたけど、以降ほとんど絵本の読み聞かせをしていなかった・・

 

絵本の読み聞かせは、けっこう時間を取られることもあり、二人目以降気づけば読み聞かせはしていませんでした。反省の意味をこめて選んだひとつが「はじめてのおつかい」です。

 

私が子供のころ(約35年前)に読んで、とても記憶に残っている絵本でしたから迷わず購入です。1976年発行ですから40年前に作られています。

 

絵本の中にちょっとした仕掛けがあった!!

f:id:tamako-makomako:20141008164531j:plain

仕掛けというか、ちょっとしたストーリーが入っていたことに35年ぶりに気づきました。私が気づいた仕掛けは以下です。

 

迷子の猫の話

音楽教室

絵の教室の張り紙

小鳥が逃げたシーン(こちらは1ページだけです)

 

じっくり隅から隅まで読むと、ちょっとしたストーリーがあって新たな発見でした^^

 

強烈に覚えていた転んで100円玉を落とすシーン

私が小さい頃に読み聞かせてもらって、一番強烈に覚えている場面です。ハプニング的な前半の山場です。転んだときの足の痛々しさと、100円玉が地面に落ちているシーンは、とても激しく描写されていると思っていました。

 

しかし実際はぜんぜん違いました。思ってた以上に、とてもシンプルでした。自分の中で強烈な映像としてインプットされていたのです。

 

転んでお金を落としたという事件を、子供ながらに激しく誇張した映像として、記憶にとどめていたのです。やはり小さい頃の絵本って大事ですね。子供のときの“絵本に入り込む感”は、本当に大きいんだと改めて痛感しました。

 

牛乳の代金が今とほとんど変わらない

絵本のなかで、主人公みいちゃんがおつかいとして買いにいくのが牛乳です。200円でおつりが十円玉ふたつでした。今と牛乳代は変わりませんでした。

 

みいちゃんのお母さんのテンパリシーンがかわいい

f:id:tamako-makomako:20141008164042j:plain

出だしの急がしさ満載のお母さんの絵が、面白かったです。いろいろなことを、ここまで同時進行でやるかとw

 

でも確かに赤ちゃんがいると、忙しい瞬間ってありますね^^今は母となった母目線ならではの発見でした。

 

 まとめ

絵本「はじめてのおつかい」を大人になって読むと、新たな発見がたくさんありました。

 

そして、子供が絵本に入り込む度合いは、ハンパなく深いことを実感しました。これからは読み聞かせをがんばります汗^^

 

 

>>現役小学校教師に聞いた『一番効果的だと実感した男の子の扱い方』 -

>>心身ともに健康になるだろうな~と思ってもなかなかできない7つの習慣 -