ぼっち充のススメ

なんだかんだとみんなぼっち^^毎日のささやかなことに楽しみを見つけて、いかに内面を充実させるかが日々楽しく生きるポイントになるのでは?

さみしいときの対処法~1人で簡単にトライできる5つの方法

f:id:tamako-makomako:20141024123416j:plain

どうしようもなくさみしいときの対処法として、人と会うのがひとつの方法です。ただ、時間がなかったりタイミングが合わなかったりと、うまくいかないこともあります。そんな、1人で心が寂しいときの対処法を紹介しましょう。

 

さみしいときの対処法~1人でトライできる5つの方法

1、お風呂につかる

f:id:tamako-makomako:20141024123433j:plain

寂しい時の過ごし方ですが、体を温めると、心も温まることが研究で知られています。体が冷えたときに、脳の心の冷えを感じる部分が反応するそうです。

 

だから気温が下がる秋は、心も寂しいと感じるのです。なんか寂しいなと感じたときは、単純明快!体を温めてみてはいかがですか。

 

お風呂につかる、温かいスープを飲む・・など簡単なことで、気持ちが上がるかもしれません^^乾燥しょうがも手軽でおすすめです!(>>乾燥しょうがでイライラやネガティブ思考を吹き飛ばす! -

 

2、笑い顔を作る

f:id:tamako-makomako:20141024125108j:plain

まさに「笑う門には福来たる」

先に顔に笑い顔を作る

→脳が笑っているのだと判断する

→本当に楽しい気持ちになれる

というメカニズムです。

 

どうしようもなく寂しいときは、あえて笑顔を作ってみるのもひとつの解消法になるかもしれません。

 

3、歩く

歩いたり、ウォーキングをすることで、足の筋肉が動きます。すると脳を刺激し、神経細胞の働きが活発になります。


歩くことでβ-エンドルフィンややる気を高めると言われるドーパミンが増えるという、研究結果が出ています。なんだかさみしいときにチャレンジしてみてはいかがですか。

 

4、太陽の光を浴びる

f:id:tamako-makomako:20141024123459j:plain

太陽光を浴びると、脳を元気にしてくれるセロトニンというホルモンが分泌され始めるのです。心と体のバランスを調整してくれるホルモンです。

 

意識しないと、日光に当たらない生活を送っている人は少なくないでしょう。寂しいと感じたときは、午前中に散歩に行ったり、通勤の際に、一駅分長く歩いてみると、「歩く」という行動も合わせて取りいれられます。

 

5、掃除

無心で体を動かすと、余計な雑念が生まれなくなりますし、掃除し終わった後は、心地よい達成感が広がります。

 

どうしようもなく寂しいときは、まずは体を動かしましょう!すぐに終わるような、簡単な掃除をはじめてみるという解消法がおススメです。

 f:id:tamako-makomako:20141024123515j:plain

 

まとめ

どうしようもなく寂しいとき、一人で気軽にできる対処法は、体を温める、歩く、日光、笑い顔、掃除が効果的です。いずれも普段の生活の中で手軽に取り組めます。

 

アレコレ考え込まず、風呂に入ってニヤけてみるという対処法が、実は寂しくなくなる一番手っ取り早い過ごし方かもしれません^^

>>毎日楽しく過ごすにはどうしたらいい?科学的にアプローチした方法まとめ -

>>落ち込んだ時にやらないほうがよい2つのこと -

>>『幸せ指数』を高めるための5つの方法 -