読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっち充のススメ

なんだかんだとみんなぼっち^^毎日のささやかなことに楽しみを見つけて、いかに内面を充実させるかが日々楽しく生きるポイントになるのでは?

子どもが言うことを聞かない!っていうとき『指示の積み重ね』がよいこともある?!

f:id:tamako-makomako:20150628101612j:plain

子どもが言うことを聞かないことに、お怒りのお母さんもいることでしょう。というか我が家ですw

 

何度も言っているのに、聞こえてないのか完全スルー状態・・。思わずヒートアップしちゃいます。そんなときに「はやく起きなさい。」「宿題しなさい。」ではない効果的な言い方があるみたいです。

 

 『指示の積み重ね』で無意識に従う

有名な心理学者ミルトン エリクソン博士によると、積み重ねて命令や指示を出すと、どれに従いどれに反抗するか考えるのが面倒になり、無意識的にすべてに従うようになるそうです。

 

たとえば「宿題しなさい。」だけだと、YESまたは、NOの二つの選択肢があります。しかし「手を洗ってから、宿題をして。」と言うと、選択肢は4つに広がります。ついでに「ランドセルをしまって」を加えると、さらに選ぶことができます。

 

選択肢が増えると、脳の中で、するorしないを選ぶのが面倒になり、結果、すべてに従うという楽なほうをチョイスしやすくなるのです。なるほど・・。子どもが言うことを聞かないことが多い場合は、積み重ねて指示してみるものよいかもしれません。

 

指示の積み重ね・・家でも実践されていた?!

これって主人にたまにやられているかも・・と思いました。仕事中の主人から電話で雑用を頼まれるのですが、たいてい丁寧に、2,3個の指示があります。

 

聞いていると、「あ、はーい」って自然に体が動くことが多いのです。面倒だから、とっとと終わらせちゃおう・・みたいな。恐るべし・・

 

言うことを聞かない子どもにも、もちろん効果があるような気がしますが、ある一定の年齢にならないと、難しいかなとも思います。一度に3つも指示を出したら、きっと覚えられないでしょうw

 

 具体的な指示出し

f:id:tamako-makomako:20141104141458j:plain

また、単純に「宿題して」だけでなく、

「20分になったら、椅子に座って、国語の宿題をやってお父さんに見てもらいなさい。」

といったような具体的な声掛けもベターです。

 

具体的に言われると、イメージがつきやすく動きやすくなるそうです。また「数字」を使うのもおすすめです。

 

終わりに

f:id:tamako-makomako:20141104142258j:plain

子どもが言うことを聞かない!と言うときは、指示の積み重ねや具体的な言い方をすると、動いてくれるかもしれません。ある程度大きくなった子供に効果的なのかなと。また、自分で考え言われなくても行動してほしい気もします。言いすぎもよくないし、難しいものです。

>>子供をKYにしないために!社会性を身につけるには“ナナメの関係”が良いらしい♪ -

>>子育てのイライラ解消法【感情をすぐにリセットさせる方法】 -

>>「早くしなさい!」に代わる子供へのナイスな言葉がけ -