読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっち充のススメ

なんだかんだとみんなぼっち^^毎日のささやかなことに楽しみを見つけて、いかに内面を充実させるかが日々楽しく生きるポイントになるのでは?

久しぶりに感動したCMを見たよ~ドコモ『親子のキャッチボール』篇

先日ぼぉっ~とテレビを見ていたら、久しぶりに感動したCMに出くわし、食い入るように見ましたよ。

 


スマートライフ「親子のキャッチボール」篇 90秒 - YouTube

 

娘と父親がキャッチボールするこちらのドコモのCMです。今年の夏ころからオンエアしていたみたいですが、先日はじめて見ました。

 

成人した娘と父がキャッチボールしながら、幼少時代から思春期のことを振り返り、お互いの心のつぶやき?!が流れます。

 

最後は娘と父が寄り添い合って、ボールを投げるのではなく手渡し、花嫁とその父に変わり直接会話します。久々に感動したCMでした。ドコモですから最後は電話のシーンで終わりますw

 

CMの見所

f:id:tamako-makomako:20141218155355p:plain

娘役がそっくり

娘役が途中で学生に変わるのですが、大人のときの顔にそっくりです。本人?!と思ったけど違いましたw演出の上手さもあるのでしょう。

 

お父さんの声が渋い

お父さん役の方の声が重みがあり素敵です。もちろん俳優の岩松了さん自身も渋くて良い味出しています。

 

 すれ違うセリフの内容

何より良いのはセリフの内容です。キャッチボール=会話で、父&娘で間逆のことを言っています。

 

たとえば

娘『弟ができた時はすねたよね。』

父『面倒見の良いおねえちゃんだよ。』

 

娘『生意気で憎たらしい子だった。』

父『おしゃまで可愛らしい子だった。』

 

娘『いつも見守ってくれていた。』

父『俺は仕事にかまけていた。』

 

なんかわかるなぁ、このすれ違い!と思いました。別に親子でなくても、長らく一緒にいる夫婦やカップル、友人同士でも言えることかもしれないですね。

 

一緒にいるからこそ、素直に言えなかったりタイミングがずれたりする・・そして、自分のことは自分で見れてないから、相手を通してみた自分と自己評価がぜんぜん違ったり・・。

 

最後は、花嫁とその父になり『素直になれなくてごめんね。』というお互いの言葉。感動した!

 

終わりに

まったりと眠気増す時間帯に見ていたときに、グッと引き込まれ感動したCMでした。ショートストーリーみたいで良かったです^^

>>絵本「はじめてのおつかい」 35年ぶりに見たらいろいろ発見があった♪ -

>>好き!を仕事にしているなって思った、見ていてすがすがしい有名人 -