ぼっち充のススメ

なんだかんだとみんなぼっち^^毎日のささやかなことに楽しみを見つけて、いかに内面を充実させるかが日々楽しく生きるポイントになるのでは?

“三人目育児あるある”~我が家の場合


11911-15 / Emery Co Photo

三人目の育児もかれこれ3年以上経ちました。三人目育児は、我ながらワイルドな育て方になっているなと笑うやら反省やら・・。以前、3人目出産にまつわる我が家の“あるある”記事を書きましたが、今回は育児の“あるある”を考えてみました。

 

 “三人目育児あるある”~我が家の場合

以前は上記の記事にて、出産にまつわるあるある~我が家バージョンをエントリーしましたが、今回はその続編で育児のあるあるです。

 

1、子どもの名前を間違える

一番言いたい子供の名前がすぐに出てこないのです。子どもが台に昇っていたり、カーテンをひっぱたりするのを見ると、つい親も興奮してしまい、

 

「●(名前)!▲!いや☆!そこ降りなさい~!」(伝えたいのは☆君だった。)

 

と言ってしまいます。ほかの子供に、「はぁ~?結局誰を呼びたいの?」とつっこまれたり・・。私も何を言っているのかわからなくなりますw

 

2、遊び場にて


6511-3 / Emery Co Photo

3人目育児で私は、遊び場などで3人全員いるのに、一人足りないような錯覚を覚えます。また、逆に一人足りなくても気づくまでに時間がかかります。「あれっ。そういえば娘がいない・・」とあわてて探すことが良くあるのです。

3、幼稚園グッズの名前の書き方が豪快

3人目の幼稚園の準備は、びっくりするくらいあっという間でした。マジックで豪快に幼稚園グッズに名前を書いている自分がここにいましたっ汗

 

長男のときは、名前をスタンプして印字できるネイミーにお世話になったはずなのに・・。ネットであれこれ悩んだり選んだりしたのが楽しかった思い出。その後に活かされていないのですww

 

とくに天敵なのが、名前を書けるようなタグがついていないタオル地のハンカチと靴下。油性マジックだと書きづらく、かなり豪快に書いてしまう・・。

 

4、食事について

f:id:tamako-makomako:20150508115045j:plain

3人目は早い時期から熱い食べ物でも平気で食べる

3人目は早い時期から濃い味が好き

スイマセンとしかいえません。瞬間瞬間忙しさマックスになり、3人目育児は慎重でない部分がありました。それでも何とかなってはいるのですが汗(ごめんね)。

 

終わりに

あくまで我が家の場合の3人目育児あるあるでしたw子育てにおける慣れや経験って、ある部分でありがたいなと思う半面、慣れすぎてもいかんと思うこのごろです。

>>子供を産んでから得意になった5つのこと -

>>3人目出産後、心から楽しみにしていたこと -

>>初めての育児のときの“大真面目”~そこまでしなくてもよかったかなと今は思う件 -

>>3人産んでみてわざわざ買わなくても良いと思った育児グッズ6選 -