ぼっち充のススメ

なんだかんだとみんなぼっち^^毎日のささやかなことに楽しみを見つけて、いかに内面を充実させるかが日々楽しく生きるポイントになるのでは?

『ベルマーク貼り』やってきた!~実際に現場に行ってみて・・

f:id:tamako-makomako:20150918103232j:plain

先日学校の手伝いでベルマーク貼りに行ってきました。実際に貼ってきたら、手間がかかることしているなと感じました。前に、話題になっていた記事があったと思い後で読みました。

ちょっと前に話題になっていたのはコチラの記事でした。そのときは、ピンと来なくて題名だけ見て中を読んでいませんでした。先日実際にベルマークを貼ってきて「おっこれは面倒な作業なんだ・・」と感じ、あらためて記事を読んだ次第です。

 

私が行った現場も、上記記事の内容どおりの流れで

  1. 会社ごとに振り分ける
  2. 綺麗にベルマークをカットする
  3. 点数ごとに貼る
  4. 合計点を書く

という工程でした。ただ、

  • すでに会社ごとに振り分けられていた(役員さんの事前の作業)
  • 人数が集まっていた(約30人)
  • ベルマークの数自体が我が小学校が少なかった?!

こんな理由で、開始時間30分くらいでアッという間に終わりました。

 

現場で感じた注意点

鼻息注意

ベルマークの紙の状態によっては、少しの風でぴゅ~と飛んでしまうものもあり、あつかいに気をつけなくてはなりません。仕切っている役員さんの注意のお言葉にもありましたが、まさに鼻息注意でした。

 

写真を撮るおじさんに注意

正確には教務の先生だと思いますが、おもむろに男性がママさんたちの集計風景を撮影していました。活動しているよ~!という光景をどこかにアップするのでしょうか。

静電気注意

紙にベルマークを綺麗に並べて、いざセロテープではろうと思い、セロテープを適度な長さにカットし紙に近づけます。するとセロテープが紙につく直前に、静電気の影響なのかベルマークがずれる現象がおきました。せっかくきれいに並べたのに綺麗に貼れませんでした・・が、そこは私。気にせず強引に貼りました。

 

類似しているベルマークに注意

私と隣の席のママとで、明治のベルマーク担当になりました。明治かどうかを確認しながらカットしていると、森永が数枚混入していました。頭文字のMやベルマークの色合いまでも、明治と森永は似ているのだ。さすがライバル?!


a plastic bottle / torisan3500

 

この日の作業量

作業した枚数は以下です。

私は64枚(切り方&貼り方がおおざっぱ)

隣の人は33枚(丁寧に貼っていました)

すべて1点でした。1点=1円なので、今回の私の作業量は円にすると、64円分になります。集まったママさんは約30人。ザックリ計算で1人50枚として、合計1500円ほどの集計ではないかと。

 

ただ、実際にはベルマークの役員さんの、事前の振り分け業務や準備、発送もあるから1日の金額ということにはならないでしょう。

 

『ベルマーク貼り』をした感想

実際にベルマークを貼りに行ってみて、流れはたしかに手間がかかるなと感じました。今回一人一役という学校のお手伝いとして担当になったのですが、一番大変だと思われる振り分け作業を事前にやった、ベルマーク役員の方が大変だったと思います。

 

貼る作業自体は、集まった人の数が多かったので、アッという間に終わり疲れるということはありませんでした。ただすぐに終わるというのも、仕事をしているママさんには、拍子抜け感もあるだろうなと感じました。実際に「これなら家でやってもいいいのでは?」とぼやいていた働くママさんもいました。

【小学生】お友達の家に行くときにお菓子は必ず持参するべき?! -

【部屋の片付け】捨てるコツは“選びとる”~子育てサロンの講座で知ったこと -

小学校プリント整理&収納術~横置きボックスファイル作戦いざ実践! -

『○○警察署ですが●●(息子の名)君のお母さんですか?』という電話に血の気が引いた話 -