読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっち充のススメ

なんだかんだとみんなぼっち^^毎日のささやかなことに楽しみを見つけて、いかに内面を充実させるかが日々楽しく生きるポイントになるのでは?

auのCMを見て思い出した我が家の“じろりんちょ”な事件簿

家族のエピソード

f:id:tamako-makomako:20150810153700j:plain

auのCMで最近流れている“じろりんちょ”。かぐや姫が実家に帰る話を聞いて喜ぶ桃太郎を、疑うような不敵な笑みで“じろりんちょ”する有村架純さん。かわいいですね。見ていると我が家のじろりんちょな事件?!を思い出しました。

 

じろりんちょエピソード1

休日に仕事があるといって私服で出かける準備をしていただんなさん。いつもは鏡で私服姿をチェックすることなんて全くないのに、その日に限って妙におしゃれに気を配り全身チェックしていました。すぐに帰ってきましたが・・。私のなかでのじろりんちょ警報が発令しました。後から聞くと美人のお客さんがいたとかいなかったとか・・^^

f:id:tamako-makomako:20150810154026j:plain

 

じろりんちょエピソード2

以前こちらの記事>>“3人目出産あるある”~我が家バージョン - の最後のところにも書きましたが、3人目の出産直前の出来事でした。社会人のスポーツの大会出場のため地方に行って帰ってきた主人のスマホ検索履歴にじろりんちょでした。

 

当時は、じろりんちょというより“ギロりんちょ”あるいは“怒りんちょ”だったと思います。高齢出産で3回目の帝王切開、予定日がかなり近いという大変ナイーブな時期が時期でしたから・・☆ほかにも掘り起こせば、ささやかなものから微妙なものまでいろいろなじろりんちょがあった気がしますが、もう忘れたしあえて文章化するのもなんなので・・ww

 

まぁあらためて考えると、CMでの桃太郎は何も悪いことはしてないのです。ただかぐや姫の里帰りを喜んでいただけ。必要以上なじろりんちょはしないほうがよいのかもしれないですね。もちろんあきらかに疑われるような言動はいけません!☆

ダブルバインドという心理学を思い出した

可愛い有村架純さんのじろりんちょな表情を見て思い出したのはダブルバインドという心理学です。以前心理学の植木先生がテレビで言っていました。

  • 微笑みながら怖いことをする
  • 怒った顔をしながら優しいことを言う

といったように行動と感情(表情)が一致しないと、言動された側は強い緊張感を感じ混乱してしまうとのこと。たとえば

微笑みながらモノを投げつける

怖いですねwwかぐや姫のじろりんちょの表情は厳密にはダブルバインドとは違うのかもしれません。しかしなぜか思い出したしだいです。

f:id:tamako-makomako:20150810154242j:plain

 

 終わりに

最近のauのCMを見て思い出した我が家の“じろりんちょ”エピソードでした。結婚して約10年たつ私、最近は以前ほど夫のことを気にしなくなりました。良いのか悪いのか・・。ちょっとしたじろりんちょならマンネリ化を防ぐ意味合いでよいのかも?!もちろん激しいのはご勘弁願いたいです。

ギャラリーがいるといつも以上にイクメンになる夫のエピソード~美人ママはやっぱり最強だった!

昔、彼氏の部屋で起きた珍事件“アリさんとアダルトな・・” -

現役小学校教師に聞いた『一番効果的だと実感した男の子の扱い方』 -

最近夫婦喧嘩をしないようになった~理由を考察“頼むとき”の言い方に慣れたか?! -