読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっち充のススメ

なんだかんだとみんなぼっち^^毎日のささやかなことに楽しみを見つけて、いかに内面を充実させるかが日々楽しく生きるポイントになるのでは?

息子(小3)のすぐにバレる隠蔽事件簿1~「虫歯の疑いがあります」という学校からの便りを二度にわたり隠した!

子供 家族のエピソード

f:id:tamako-makomako:20150720135125p:plain

息子はすぐにバレるのにもかかわらず、何かを隠したり小さな嘘をつきます苦笑。なんと先日は、学校でいただいた健康診断の結果のお知らせを隠ぺいしていました。しかも二重隠ぺいです!

 

息子(小3)のすぐにバレる隠蔽事件簿

1度目の隠蔽 親に出さずに部屋の隅に放り投げる

“虫歯の疑いがあり治療をおすすめします”という内容の黄色い用紙を、親に出さずに部屋の隅にほうり投げていました。

 

この週末、あまりの部屋の汚さに一緒に大掃除をしていた母である私が気づきました。

「まさかと思うけどわざとお母さんに出していなかった・・なんてことはないよね。」(疑う目)

「違うよ!」

「学校からの手紙は大事だから今度からしっかり出してね。」

「はーい。」

半分疑いながらも上記のような会話をして、その場はやりすごしました。ちなみに個人懇談の日程のお知らせも一緒に見つけました。その後黄色い用紙をわかるようにと棚の上に置いて、さらに子供部屋の掃除へと集中しました。

2度目の隠蔽 棚の上の黄色い用紙をその場で机の中に隠す

os presento a Henry / tnarik

掃除機をかけ終えてふと見ると、棚に置いておいたはずの黄色い用紙がない!!ものの数分の間の出来事。部屋にいたのは椅子に座っていた息子と私のみ。間違ってゴミ袋に入れてしまったかしら?と探してもない・・。

 

「知らないよ。俺はずっと机に座っていた。」と盛んにアピールする息子。そういえばさっき息子が素早く動いてまたもとの位置に戻るという姿を視界の隅に見た気がする・・。

 

身の潔白をやたらアピールする息子を無視して机の引き出しを開けると・・黄色い用紙が入っていました☆華麗なる二重隠蔽です。

 

お父さんにバトンタッチ

その後は当然のごとくお父さんの出番となりました。そして、息子の夏休みの最初のイベントは歯医者さんに行くことに決まりました。

 

奇しくも最近読んだ本に「子供のことを信頼しよう!」と書いてあり、そうだな~なんて思っていたところ☆!すぐにバレるあたりが、やはり子供なのかなと怒る前にあきれるようなため息が出るような、なんともいえない心境です。

f:id:tamako-makomako:20150720134303j:plain

終わりに

息子の“すぐにバレる隠蔽シリーズ”。まだまだ今後も続きそうです。信じつつも見守るというかチェックする・・この加減が難しいと思いました。これからどうなるのだろう・・若干心配しつつも楽しむくらいの気持ちをもって臨みたいと思います。

>>背が低いことで得をすることって何?息子に聞かれました。 -

>>現役小学校教師に聞いた『一番効果的だと実感した男の子の扱い方』 -

>>『○○警察署ですが●●(息子の名)君のお母さんですか?』という電話に血の気が引いた話 -