ぼっち充のススメ

なんだかんだとみんなぼっち^^毎日のささやかなことに楽しみを見つけて、いかに内面を充実させるかが日々楽しく生きるポイントになるのでは?

『やらされ感』をなくすための3つのステップ

f:id:tamako-makomako:20141024143937j:plain

仕事や家事などで『やらされ感』を感じると、義務感を感じ行動するのがイヤになります。やらされ感をなくすことができれば、スムーズに行動できます。

 

「何で私がしなくちゃいけないの?」「俺でなくてもできるだろ。」と思うと、余計やりたくなくなるものです。このやらされ感を克服するには、どうしたらよいのでしょうか。

 

 『やらされ感』をなくすための3つのステップ

f:id:tamako-makomako:20141018111456j:plain

STEP1本当の感情に気づく

やらされ感や義務感を感じる時に、イライラしたり怒ったりすることがあります。ただ、

 

怒りやイライラ、嫉妬などのネガティブな感情=二次的な感情

 

二次的感情ではなく、本当の心の奥の感情に気づくことが大切なのです。イライラや怒りを掘り下げてみると、必ず『恐れ』という気持ちが隠されています。

 

たとえば「旦那のご飯作りがイヤに思い、言動ひとつにイラつく」

「がんばっていると認めてほしい」「愛されていないのではないか。」

認められないことへの恐れ、愛されないことへの不安

 

あるいは仕事で「何で俺がこんなことしなくちゃいけないんだと思いイライラする。」

「無能な人だと思われているのではないか。」「がんばっていると認めてほしい」

 →必要とされないことへの不安、認められないことへの恐れ

 

STEP2本当の感情を味わう

f:id:tamako-makomako:20141027125459j:plain

本当の感情に気づいたら、まずは恐れや不安、寂しいという感情を味わい、認めてあげましょう。このとき、「自分は弱いヤツだ。」「俺ってダメ人間。」「私ってなんて豆腐メンタルなの。」と言う風に自分を決めつけたり、ジャッジしないことが大切です。

 

ただ、「寂しいんだ。」「不安なんだ。」という気持ちを味わいます。なかには寂しいという感情を認めることへの抵抗感から、なかなか本当の気持ちが感じられない場合があります。そんなときは、小さい頃の自分の姿を想像し、小さな自分に語りかけて、本当の気持ちを探ってみましょう。

 

STEP3本当の感情を感じれば解放される

認められないことへの不安や寂しさ、惨めな思いに寄り添い、じっくり認めてあげると、気持ちが落ち着いていきます。結果、二次的感情や、やらされているという義務感から解放され気持ちを取り戻せます。

>> 参考 野口嘉則さんの「3つの真実」

 

 まとめ

f:id:tamako-makomako:20141027133233j:plain

『やらされ感』をなくすためには、そのときの本当の感情に気づき認めてあげるとよいでしょう。ネガティブな感情の奥には、つきつめれば「恐れ」という気持ちが隠れています。

 

真の気持ちに気づけば『やらされ感』を克服するだけでなく、ほかのネガティブな感情から解放されやすくなります。明日のことを不安に思ったり、過去のことを嘆くよりも今日1日この瞬間を、落ち着いて過ごすことが、とても大切なのです。

>>潜在意識において子供の不幸を願っていたということに気づいたという話 -

>>落ち込んだ時にやらないほうがよい2つのこと -