読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっち充のススメ

なんだかんだとみんなぼっち^^毎日のささやかなことに楽しみを見つけて、いかに内面を充実させるかが日々楽しく生きるポイントになるのでは?

『幸せになりたいなら身近な人を大切に!』って、まずどうすればいいのっ

考え方 家族のエピソード

f:id:tamako-makomako:20141002142321j:plain

成功者の大半は、パートナーや家族をとても大切にしているそうです。ただ、身近な家族やパートナーを大事にするという行為が、あまりできてないという人は少なくないのではないでしょうか。

 

なぜなら身近な人の良いところって、なかなか思い浮かばないものです。やはり長く一緒にいると、欠点が目に付きやすくなっていきます。では普段から身近な人を大切にするためには、まずどうしたらよいのでしょうか。

 

パートナーや子供の良いところを10個書いてみよう!

良いところ10個もありません~!なんて声が聞こえてきそうですね。実際私も、夫の良いところを書こうと思っても、手が止まってしまいました。

 

でもでも探せば絶対見つかるはずです。当たり前すぎて、気づかなかったり忘れている良いところが必ずあります。

 

長所や良いところは、時が経つと当然になり、忘れてしまうものです。ですから忘れないためにも紙に書き出すことが大事なのです。

 

どうやって身近な人の長所を見つける?

f:id:tamako-makomako:20141002142349j:plain

短所は長所

いやなところは、裏を返せば長所です。たとえば、パートナーの「だらしないところがイヤ」と、常日頃思っていたとしましょう。

 

ここで逆に考えると、おおらかで細かいところを気にしないという長所があります。逆にいちいち細かいところに気づくような性格だと、アレコレ指摘されイヤに思うものです。

 

まずは、身近な人のイヤなところにあえて目を向けると、良いところも浮かんできます。

 

まわりと比べてみる

ママ友との会話や飲み会の席で、パートナーの話や愚痴を聞くと、自分の夫や妻の良い点がわかることもあります。我が家では当たり前と思っていた行為が、他の家ではありえないこともあります。

 

「口うるさいけど、ズボンのすそ上げが上手だ(できない人もいる)。」

「すぐにしょうゆをかけたがるけど、何でも食べてくれるのはありがたい点だ。」

 

以上のような点をふまえ、じっくり考えると良いところが絶対10個かけるはずです。それをメモでもよいですし、どこかに書き留めておきましょう。

 

すると、身近な人に感謝できるようになり、大切に接することができるようになります。また時が経ち、忘れた頃に見返すためにも、メモにしておくとよいですね。

 

ちなみに我が夫の良いところ(意外と時間かかりましたw最後はやっつけ仕事的な)

 

1、駆け引き上手

恋の駆け引きではありません。電化製品を買うときや引越し業者との値引き交渉の駆け引きです。

2、男性にしてはおしゃべり

仕事の話が聞けて問題や状況がわかる

3、レストラン等でのフットワークの軽さ

水を運んだり、オーダーを取りに行ったり・・子どもがいるときはとても助かる

4、素直=おだてに弱い
5、基本健康
6、何でも食べる
7、チャーハンが上手
8、お好み焼きが上手
9、顔が大きい

遠くにいても見つけやすい

10、声が大きい

遠くにいても見つけやすい

 

同様に子どもに対しても、良いところリストを作るとよいでしょう。ただでさえ子どもの長所は見つけづらいもの(>>親は自分の子どもの長所がなかなか見つけられない件 -) ですから、あえてじっくり考えてみるのもおススメです。

 

まとめ

f:id:tamako-makomako:20141002142427j:plain

誰しも、幸せに心穏やかにすごしたいでしょう。そうなりたいなら、まずは、身近な人を大切にすることが大事です。

 

そのためには、身近な人の良いところを10個書いたリストを作りましょう。感謝の気持ちが湧いてくるのではないでしょうか^^

>>『幸せ指数』を高めるための5つの方法 -

>>毎日を前向きに生きるちょっとしたコツ -